LABガス漏れ!?

LABはノーマルガス缶に比べ軽い力でより速く充填できるよう設計しました。
充填中にノズル根元からガスが出ているような感じになるのは既に満杯になって吹き戻している状態です。流量を多く設計しましたので通常の半分以下で充填を終了し吹き戻しの量も多くなってしまいます。また充填中も通常ヨコチョからちびちび生ガスが出ますがこの量も盛大となります。短時間充填できるため無駄な生ガスも同じ程度になろうかと思います。しかし、このご指摘を複数頂きましたので、もう少しゆっくり入るよう仕様変更します。(外観や内部寸法は変わりませんのでパーツの互換性に影響ありません。通常のガス缶より充填は速いです。)
また、ノズルリターンのスプリングを柔らかくしてノズルを押す力も少なくしました。缶内部の圧力も利用してバルブを閉じる設計で缶内の圧力が低下するとノズルを押し戻せなくなる場合がありガス漏れを起こします。この場合はノズルを指で引っ張り上げていただければバルブは閉鎖します。
(ガスガン用ガス缶でもこうした症状になることはあります)
軽い力で充填できればガス注入バルブへの負担も軽減されますのでこの点についてはご理解ください。
マガジン内のガス量を計測する方法について近々UPします。
予めガスの入る量が分かっていれば無駄なガス吹き戻しを防げます。
一発当たりのガス消費量も把握できますのでご参考にして頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です