ガスが出ない!BULL-01エアシステム 

お客様より「つい最近買ったフジカンパニー社のウッドランドガスのノズルが0.5mm程度短くねじ込んでもガスが出ない」とご連絡を頂きました。

現在BULL-01/エアシステムに使用できるガスは「フジカンパニー社のウッドランドガス」のみで仕様変更の確認はまだですが、緊急に対策パーツ【12mmコアねじセット】を製作しました。3mmの六角レンチで簡単に交換できます。現行のコアねじは10mmです。12mmコアねじと交換してもこれまでの規格サイズガス缶もご使用頂けます。(ねじを強く締めすぎるとノズルがO-リングに入りにくくなりますのでご注意ください)

【12mmコアねじ】1個200円(メールにてご注文下さい)

尚、本日(2017/9/15)より出荷のBULL-01/エアシステムやボンベヘッドには12mmコアねじをセットしてお届けしております。

ガス移充填アダプタFA-1

お客様からのご要望で制作しましたガス缶からガス缶へガスを入れ替える為のアダプタFA-1です。(以下FA-1)例えばLABを取り付けた200gの134aを空っぽになったお気に入りのガス缶へ移し替えます。200gのガス缶二個で400gの缶を満タンに出来るわけです。1500円もしたあの缶が500円弱で満タンです。使いかけの缶がいっぱい出来てしまったときにも一本にまとめられるので便利♪

“ガス移充填アダプタFA-1″の続きを読む

VFC HK-G36外部ソース化

那覇にお住いのM様よりご依頼いただきました。

以前にも同様のご依頼を頂いたのですが仕様変更があったようでマガジン底にあったはずのプラグ用?ねじが廃止されています。

M5並目ねじ穴を開けてTYPE1を装着しました。

加工は1本3800(返送料税込)2本目から3000円となります。

以前のものはこの蓋に都合よくM5並目ねじがあったのですが・・・・

このように仕様変更がありますので外部ソース化はマガジンを送っていただいてからの見積もりとなります。

ワルサーP99メタルスライド組込調整

那覇にお住いのM様よりP99メタルスライド組込調整ご依頼いただきました。

ノーマルスライドでももっさりした動きのP99ですがSSRUでメタルスライドをのっけてもビシバシ作動します。

SSRU/P99Ver.2を含めて15000円で承りました。

 

BULL-01/LAB スリーサイズSUSノズル

BULL-01/LABのアクセサリーに3種類のノズルが揃いました。
扱い安く最も一般的なレギュラーノズル
WA社のマガジンバンパーに対応ロングノズル
タナカ社ペガサスシリーズに対応スーパーロングノズル

ノズル単体の価格は各1800円(ウェブショップ価格税郵送料込)
BULL-01/LABご注文時ノズルは3種類から選び通信欄にノズルサイズをご指定下さい(価格の変更はありません)
ご指定の無い場合はレギュラーサイズでお送りします。

今後BULL-01/LABのアクセサリーはどんどん増えていきます。(予定)
◎ノズルキャップタイプ移充填アタッチメント(ガスを別な缶へ移し替えます)
◎LABブースター専用ヘッド(空のサービス缶を気化室に利用する安価な外部ソース専用ヘッド)
◎携帯用マイクロガスボンベ(サバゲなどゲーム中に携帯しやすい超小型ボンベ)

市販ガスガン専用ガスボンベの1/3以下で売られる激安134aサービス缶でガスガンシューティングを思う存分楽しんで下さい。
ガス134aは全く同じもの、元々カーエアコン用冷媒です。
ガスガン用新型ガスの噂も飛び交っていますが、カーエアコン用としては既に新型ガスは販売も行われているようです。
http://syakunage.militaryblog.jp/e827350.html

134aサービス缶は様々な通販ショップ(Amazon・ヤフーショッピング・楽天・モノタロウ等)で200g30缶(1ケース)でのご購入がオトクで販売価格も様々同じガスなので一番安いショップを探してください。
尚、オイル入りのサービス缶を使用しますとガスガンが油まみれのギトギトになりますので避けてください。

VFC M4 GBB 2015Ver. 外部ソース化

兵庫県にお住いのN様よりのご依頼でVFC M4を外部ソース化しました。

ガス注入バルブがレシーバーフレームに入り込むタイプなのでM5のねじを切って取り付けています。このマガジンはほとんど取り付け位置を問いません。

取り付け工賃はM5Lと返送料税込みで3800円となります。

同時に複数の場合は二本目より3000円です。

別タイプのマガジンをお送りいただいた場合も返送料800円は差し引きます。

見積もりをご承諾いただいてから作業開始となります。

コンプレッサーパイピングキット

画像クリックAmazonさんへ

シューティングバーやシューティングレンジ開設のご相談を承ることが時々あります。ガスでは冷えてしまいトラブルの原因になるのでコンプレッサーから配管しガスガンを外部ソース化して空気圧で使われるケースです。

個人用でも65デシベル程度の騒音が許される環境ならかなり多くの方がコンプレッサーからダイレクトにガスガンへ配管されているようです。上記画像のコンプレッサーは13674円で販売されています。広告の仕様内容が正しければ個人用としてなら十分使用できると思います。(使用したことはありません)また、業務用でも使えそうなのはコチラ(31258円)これならまず問題ないのではないでしょうか?必要な条件はAC100V電源最高圧力0.8Mpa程度、エアタンク・レギュレター(調圧弁)付きです。ガスガンの場合塗装などから比べれば高圧ですが非常に少ないエア消費量で賄えます。様々な製品が売られていますのでいろいろ検索検討してみてください。

*BULL-01エアシステムへの空気充填には少々圧力が足りません。(やはり1.0Mpa欲しいです)

厄介なのは吐出口の配管口径が大きく付属品のチューブやフィッティングが使えないことです。そこでコンプレッサーに合わせてワンタッチで配管できるパイピングキットを販売します。MST-6(抜け止めカラー付き)SH-6M (ロングタイプ) CP-6 (単品販売無し) セット済み。

 画像クリック拡大

コンプレッサーパイピングキット

型番:CPK-6

希望小売価格5800円

PROTECウェブショップ税込価格5000円

2017/05/10現在ショッピングカート出来ていませんのでメールでご注文承ります。掲載はコチラを予定しています。

 

 

 

マガジン内ガス容量と消費量

いったいマガジンにはどれほどガスが入っているのか?

まず秤に空っぽのマガジンをのっけて「ゼロ」を押します。

次にガスを充填し

秤にのっけますと充填された量が表示されます。

画像のマガジンは東京マルイ社のM1911A1のものですが7g程度入るようです。画像の秤(デジタルスケール)はホムセンで数百円で手に入れたもの、ネット検索すればとんでもない安値で売っていそうです。

ガス消費量:例えば上記状態のマガジンにBB弾を10発入れて発射し、もう一度重量を測り減った重量を10で割れば一発当たりのガス消費量が計算できます。最低1gの秤なので一発の発射では重量差が出ない場合もありできるだけ多くの弾を発射し平均値を取る方が正確だと思います。

仮に一発1g消費している場合400g缶で400発、1500円のガスなら一発3.75円。200g200円のエアコンガスなら一発当たりたったの1円となりLABはガス代節約できます。ガス代節約してもう一丁コレクションを増やせます。

マガジン内の気化ガスを抜きながら生ガスを入れる構造のため、ガス充填中ちょびちょび生ガスがヨコ漏れします。パッキン一枚入れて気化ガスを抜く作業と生ガス充てん作業を別々にやればヨコ漏れは防げます。輸入物のガスガンマガジンにはヨコ漏れの無いもの(充填しにくい)があります。ガス注入バルブあれこれについては改めて掲載したいと思います。